フレーム サングラスレンズ豆知識関連情報

目と眼鏡についての豆知識

一覧へ

・眼鏡を長く愛用するには・・・

1.掛けるとき

テンプル(つる)をきちんと開いて、両手で顔に添わせながら正面 より、ゆっくり掛けてください。この時、テンプルの先で目や顔を突かないようご注意ください。

2.はずすとき

テンプル(つる)を持って、両手で顔に添わせながら、正面よりゆっくり行ってください。片方のみを持って無理にはずしますと、破損、変形、ゆるみ等の原因になります。

3.置くとき

レンズの凸 面を上向きにして、置いてください。下向きにしますと、レンズにキズが入る原因になります。

4.拭くとき

拭く方のレンズの外側を持って、レンズ専用メガネ拭きで、そっと拭いてください。拭く方の反対側を持ったり、力を入れすぎたりしますと、フレームやレンズを傷める原因になります。

5.ゴミやホコリ等が付着しているとき

まず水洗いしてください。ティッシュペーパーで水気をとり、メガネ専用メガネ拭きで拭いてください。空拭きしますとキズの原因になります。

6.汚れがひどいとき

中性洗剤を薄めた液で洗ってください。そのあと水洗いをして5項と同様に拭いてください。石鹸、ハンドソープ、ボディソープ等のアルカリ系洗剤は、使用しないでください。コート膜がはがれる原因になります。

7. 眼鏡が濡れたとき

すぐにメガネ拭きで拭いてください。そのまま放置されますと、レンズに水跡がシミのようになって取れなくなります。また、フレームは金属部のサビや、樹脂の変色・変質の原因になります。

8. 使用しないとき、保管するとき

持ち運びする際や使用しない場合は、手入れをしたうえで、メガネケースに入れてください。また、保管の際は、防虫剤、洗剤、化粧品、整髪料、薬品等の入った場所に一緒に保管しないでください。レンズ、フレームの変質、変色、劣化の原因になります。
一覧へ