フレーム サングラスレンズ豆知識関連情報

目と眼鏡についての豆知識

目と眼鏡についての豆知識

一覧へ

眼鏡は快適生活のパートナー

メガネが日本に伝わって400年余り。
この間にメガネは進化し、用途や目的に合わせてさまざまなタイプのものが生まれてきました。
単焦点メガネや遠近両用メガネのような「見る」機能を重視したものから、カラーレンズやサングラス、偏光・調光レンズのような「装う」楽しさ、使う環境を考えたメガネなど多種多彩。
家で仕事でリゾートで。それぞれの目的に合わせて使い分けできるメガネは、快適生活のパートナーです。

レンズの薄さは屈折率、重さは比重、 じゃあ、アッベ数は何を表しているの?

屈折率は薄さを、比重は重さを示す数値としてご存じの方も多いと思いますが、もうひとつの大切な要素にアッベ数があります。
これはレンズ周辺部の「にじみ度」(色収差)を示すもので、簡単に言えば見やすさを判断する目安になります。
数値が大きいほど、良いとされています。
しかし薄くするために屈折率を上げると、アッベ数が小さくなる傾向があります。 薄さや重さのほかに、アッベ数もレンズ選びには大切です。

外ではサングラス、家の中では透明レンズ、さてその正体は?

レンズに色が付いたり、もどったり。そんなメガネをかけている人を見かけたことはありませんか?
それは調光レンズのシワザです。 調光レンズとは、レンズ自体に紫外線によって感光する物質を含ませることにより、紫外線の有無によって色が濃くなったり、薄くなったりします。
天候や紫外線の量でその色濃度も変化していきます。 紫外線から眼を護りながら、アイウェアとしても楽しめる、こうした高機能レンズはアウトドアはもちろん、街中でも快適な視界を提供してくれます。

メガネは個性の表現者。さまざまな自分を楽しみましょう。

メガネには2つの楽しさがあります。
快適に見るための楽しさと、個性を表現するための楽しさです。
季節に合わせて洋服を着替えるように、メガネを着替えることで気分も印象も一新。 たとえばオンタイム。ビジネスでは第一印象が重要です。
細めのチタンフレームやリムロンフレームがシャープな印象を演出。オフタイムにはセルフレームがソフトな印象をつくります。 メガネは自分の個性を演出する表現者です。

一覧へ