フレーム サングラスレンズ豆知識関連情報

目と眼鏡についての豆知識

目と眼鏡についての豆知識

一覧へ

自分でできる老視チェック

いつまでも若くありたいというのは、古今東西変わらぬ願いであります。
でも・・・。 やはり年には勝てないもの。
次のチッェク項目のどれかに心当たりがあったら、そろそろ老視の眼鏡のご用意を、眼鏡店でご相談ください。
  • 新聞文字を明るいところでは読めるのに、薄暗いところでは読みづらい。
  • 本など、無意識に遠ざけて読んでいる。
  • 書いたり、読んだり、手元の細かい作業が長続きしない。
  • 新聞などを読むとき、つい近視用メガネを外して読んでいる。
  • 買い物などで値札を読み間違える。

レンズカラー。その色の効果をご存じですか?

透明に時代からカラーの時代へ。いまメガネレンズのカラーバリエーションは数百種も。
それだけファッションを楽しむ範囲も広くなっているわけですが、ファッションばかりではなく、各々のカラーには効果もあります。
ブルー系 まぶしい黄色光をカット。スキー、テニス、ハイキングに。
グレー系 どの色も自然な色調に見えます。野外でのスケッチ。観光旅行に。
ピンク系 緑色の光をカットします。瞳に優しい輝きをプラス。
グリーン系 特に青色、赤色の色を吸収するので目が疲れません。
イエロー系 霞をカットして遠景が見やすい。ドライブ、ウィンタースポーツに。
バイオレット系 緑系から黄色、オレンジ系まで広範囲にカット、OA操作に。

遠近両用メガネって何?

これまで眼鏡に縁のなかった人でも、中高年になると近くが見えにくくなり、いわゆる老眼になります。
夕刊が読みにくい、知らずに本を遠ざけて読んでいる、こんな事があれば老眼の初期症状かもしれません。
また近視の人が老眼になった場合、遠くと近くを見るための眼鏡を2つかけ替えなければなりません。
そこで、両方の機能を1枚のレンズに持たせたのが、遠近両用レンズです。 遠近両用レンズには、レンズに境目がある2焦点レンズやレンズの上から遠用・中間・手元用と連続的に度数を変化させた境目のない累進レンズ等があります。

一覧へ